『誇大妄想展開領域』 黒のカラーケントに メタリック系ボールペン

誇大妄想展開領域

Wild Fancies, but………

Funny and Intellectual

スポンサーサイト

原画販売
オンラインサービス






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





ヘルマフロディトゥスたちの  ご結婚

原画販売
オンラインサービス






ΕΡΜΗΣ

ヘルメス
メルクリウス
マーキュリー
水星☿
知性
伝達能力
事務処理

ΑΦΡΟΔΙΤΗ

アフロディテ
ウェヌス
ヴィーナス
金星♀
感受性
恋愛衝動
芸術

ΕΡΜΑΦΡΟΔΙΤΟΣ

Ε.Μ.Δ.

ヘルマフロディトゥス
*
*
?♀♂
両性具有
*
ヘルマフロディトゥス

半♀半♂

* お助けサイト

続きを読む »

スポンサーサイト
. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





ボーダーラインの初仕事 Part Ⅱ

原画販売
オンラインサービス






   ボーダーラインの初仕事 Part Ⅰ


       クライマックスまでのあらすじ




 ギリギリの土壇場で廃棄を免れ、辛くも卒業試験をパスすることのできた士官候補生 “ボーダーライン”……。長かりし過酷な英才教育を終え、ほっと人心地ついたのも束の間、いよいよ戦場へ送り出されようとしていた彼女は、さっそく戦争というものの実態を思い知らされ、その凄まじさに愕然となる。
 ところが、そんな初々しき彼女を待ち受けていたのは、なんと五百半期 〔250日〕 に一度という個体史上まれに見る一大攻防戦なのであった。


 いっぽう、驚異的な増殖能力を有する新型の侵害虫 〔ウイルス〕 に侵された “聖域” 枢要部では、パトロール兵 〔ナチュラルキラー〕 や重戦士 〔マクロファージ〕 など貪食系の単独騎兵 ・勇者たちが、熾烈な白兵戦を挑んで仇敵軍の掃討に当たっていたものの、体内に取り込んだそばからスライドして潜兵 〔変異体〕 への変貌を遂げてしまう、敵兵どもの恐るべき超絶能力を前に、さすがの “聖軍” も苦戦を余儀なくされていた。
 そんな窮境の直中にあって、決死の覚悟で初陣に臨んだ “ボーダーライン” は、いまだ不確実な情報ながらも、侵略軍 主要変異隊の身体に刻印された認識コードの一型が、自らの識別鎚 〔レセプター〕 番号と一致する可能性が高いということを知る。


 主戦場へと急行する士官たちの懸念をよそに、二転三転していく事態は、やがて体内世界と個体生命の存亡にも係わる重大な岐路に差し掛かる。得体の知れぬ潜兵隊を生み出す温床に逆用されてしまう、一騎当千の強者たちの活躍はかえって味方を不利にするという残酷なるパラドックス……。
 未曾有の危機に追い詰められた “聖軍” は遂に、全軍による即時無線会議の末、最終部隊たる砲兵 〔B細胞〕 を戦場に投入することを決する。





 幾十世代もの長年月に渡り、戦士を夢見る若者たちの間で歴史に残る武勇伝 ・英雄伝として延えん語り継がれてきた古の叙事詩   -
 “港路”大攻防戦の興奮をとくと堪能されよ!

まず Part Ⅰを読む





続きを読む »

. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





ボーダーラインの初仕事 PartⅠ

原画販売
オンラインサービス








卒業試験

 本当にきわどいところだった……。答えを出すのに後ほんの少しでも手間どっていたら、体内繊維をずたずたに切断されていただろう。
 そうでなければ骨を溶かされるとか、内臓をつぶされるとか……とにかく、悲惨な末期を迎えていたはずだ。大半の士官候補生が辿るように……。


 必修課程をすべて終え、晴れて卒業できるなんて思ってもいなかった。基幹自己コードの解き方と押さえ加減とが、いよいよ最終試験に臨むという段までどうしてもめなかった私は、生きてここを出ることなどとても無理だろうと、すでに死ぬ覚悟を決めていたのだ。
 ……たぶん、それが幸いしたのだろう。意識ではなく身体に主導権をあずけた瞬間に、まるで浮遊繊維が突ぜんけて半繊維へと分かれるように、解読と結合の要領が不意に全身に閃いたのだ。


 でも、それはもう済んだこと……。私よりも後に入所した超優等生たちと共に、長い研修期間を過ごしたこの施設器官をもうすぐ去ることになるだろう。
 外ではどんな生活が待ち受けているのか……それはもう全身に叩き込まれている。そのことを想像するだけで、今にも身体がウズウズしてくる……。


 だって私たちは、闘うために生まれてきたのだから………。




 

続きを読む »

. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





 | HOME | 

   

人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

応援クリックお願いします。

OFFICIAL サイトへ

過去記事更新記録へ

Appendix

Minr Kamti / 亀谷 稔

Minr Kamti / 亀谷 稔

1961年生まれ。
武蔵野美大卒。
建築プレゼンテーション・調理・知的障害者たちの陶芸制作活動補助、といった職を経た後に、2006年7月より創作活動に専念している微細画家 。2007年1月、銀座 - あかね画廊にて初個展。
今現在('08年4月)の描法は、かつて伐採予定地などで行なっていた舞踏を応用した自動筆記法である。
   著書 『全一の展開
         末端の必然』

             奥付より

* オフィシャルサイトにて本の内容をご紹介しております。購入のご決断をされる前に ぜひこちらをどうぞ……。

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。