『誇大妄想展開領域』 黒のカラーケントに メタリック系ボールペン

誇大妄想展開領域

Wild Fancies, but………

Funny and Intellectual

スポンサーサイト

原画販売
オンラインサービス






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





ザ・シークレット Activated 5

原画販売
オンラインサービス








 “The Secret”


<お金の秘密>  第5章で ページを折り返したのは、3箇所だけでした。




〔……〕 そのお金が 「どのようにして」 あなたのもとに届くのかを解明する必要はありません。あなたの役割はただお願いし、受け取っている様を信じ、その時の幸せを今、感じれば良いのです。それがどのように実現されるかは、宇宙に全面的にねれば良いのです。

   P165



 この辺りの記述……かなり問題あり だと感じざるを得ませんね……自力本願が基本の 私としては……。
 お金というエネルギーが或る人のにやってくるのは、その人が宇宙に対して なんらかの貢献を為したからでしょう。 仮に そのとき、「ただお願いし、受け取っている様を信じ」 ることしかやっていなかったとしても、過去の時空で本人が行なった物事の結果として お金が (遅れて) 届くのだと思うんです。
 「引き寄せの法則」 や 「蓄積の法則」〔ブライアン・トレイシー〕 がアクティヴになって、更には有効に働き続けるためには、主体者としての人間が活発に行動しなければならないはずです。家に引き篭もったままで、ただ想像力だけを使い、巨万の富が引き寄せられる、などとは、どんな楽観家であっても信じはしないでしょう。
 行動想像両輪が動いてこそ、はじめて創造がおこなわれるのだと思いますよ。








“The Secret” Activated (chapter5)
     Kayさんへの長すぎるコメント   -




〔……〕 一つひとつの請求書を手に取り、それを小切手だと思うようにして、頭の中でゼロを書き足して、金額を多くしました。ノートを出してページの一番上に 「私は受領しました」 と書き、ゼロを足した請求書の金額を書き出します。それぞれの金額の横に 「ありがとう」 と書くのです。そしてそれを受け取ったことに対し、涙が浮かんでくるまで感謝するのです。

   P170



 「涙が浮かんでくるまで」 がミソでしょうね。ここまで イッチャって、心底から感謝しているフリ 〔自分まで騙す迫真の演技〕 ができるならば、いま目の前にある請求書を、近い将来 とどくであろう小切手の “呼び水” として機能させ得る、というわけです。
 私も先日、クレジットカードの利用代金明細書に全く同じことをやり、署名・捺印までしたんですが、涙を流す代わりに ただニコニコしていただけだったので、未だ10倍の金額を受け取るには至っておりません。




 

 もしも、あなたが 「私には人に分け与える程充分なお金はない」 と考えていたら、ビンゴ! 「あたり!」 です。つまり、そう思うことこそが、あなたのお金が足りない原因なのです。人に分け与える程お金に余裕がないと思ったら、人に与え始めて下さい。

   P174



 法則としては 完全に納得のいくものですけれど、いざ実行するには勇気の要る行為 (というか習慣) ですね。
 お金 すなわち貨幣もエネルギーに他なりませんから、物理法則と似たルールに則って 人間世界を流通していくわけです。 つまり、流れ 〔支出〕 のあるところには流れ込み〔収入があり〕、滞ったり澱んだりしたところ 〔ケチな人〕 には 流れ込まないということ……。
 上のような法則を 頭では理解しているのですが、自業自得を基本信条とする私としては、分け与えるという行為は ハードルが高すぎるんですね。そこで、貧乏画家であるにも拘わらず、本当に良いと感じた美術作品を積極的に購入する、という妥協策で お茶を濁しております。


 とはいえ、そろそろ 貯金残高ゼロに向かって 日数のカウント・ダウンが始まっているという状況………であるにも拘わらず、全ぜん不安を覚えないのは、単なる能天気なのではなくて、ぎりぎりで食い繋ぐという生活のスリルを楽しんでいるのでしょう (本当かよ?!)。




 第5章分はこれだけです。
 また 最後まで おつき合い戴きまして どうもありがとうございました。




    2010. 02. 27 1回休




業務の一例を知りたい方へ ●サロン 銀座四丁目





. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mousoutaha2.blog105.fc2.com/tb.php/111-ff7a1577

 | HOME | 

   

人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

応援クリックお願いします。

OFFICIAL サイトへ

過去記事更新記録へ

Appendix

Minr Kamti / 亀谷 稔

Minr Kamti / 亀谷 稔

1961年生まれ。
武蔵野美大卒。
建築プレゼンテーション・調理・知的障害者たちの陶芸制作活動補助、といった職を経た後に、2006年7月より創作活動に専念している微細画家 。2007年1月、銀座 - あかね画廊にて初個展。
今現在('08年4月)の描法は、かつて伐採予定地などで行なっていた舞踏を応用した自動筆記法である。
   著書 『全一の展開
         末端の必然』

             奥付より

* オフィシャルサイトにて本の内容をご紹介しております。購入のご決断をされる前に ぜひこちらをどうぞ……。

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。