FC2ブログ
『誇大妄想展開領域』 黒のカラーケントに メタリック系ボールペン

誇大妄想展開領域

Wild Fancies, but………

Funny and Intellectual

スポンサーサイト

原画販売
オンラインサービス






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





「ザ・シークレット」 の秘密を        習慣にする秘訣 7

原画販売
オンラインサービス






 “The Secret”


<健康の秘密> 『銀緑のヘリオス』


 第7章に含まれている内容の小見出しを挙げておくと   -

 笑いは最良の薬
 完璧だという思いを抱く
 治せない病気はない



 ……の3つである。
 下に引用した箇所は 最初のものに属するが、第3のパートにも関連が深い、ということがすぐにお解りだろう。




 ノーマンは 「不治」 の病と診断されていました。医者は彼にあと数ヶ月の命だと宣告しました。そこで、ノーマンは自分の力で治すことに決めました。彼がしたことは、三ヶ月の間、喜劇映画を見て、ひたすら笑い続けることだけでした。すると、その三ヶ月の間に彼の体内から病気が消え、医者達はその快復を奇跡だと驚嘆したのです。


   P209



 では、どうすれば 笑いに満ちた日常生活を送れるのだろうか……?












“The Secret” の秘密を
習慣にする秘訣 (chapter7)






 上記のノーマンとは、ノーマン・カズンズ……語り手は、自らも3ヶ月で乳癌を完治させたキャシー・グッドマンである。キャシーも 「とても面白おかしい映画」 を見、「笑って、笑って、笑い続け」 ることが その “治療法” だった、と述べている。
 どちらも 具体的な作品名は明かされていないが、まあ、古くはチャップリンや キートン、 マルクス兄弟 (このシリーズ、いわゆるヒューマニティやペーソスなどとは無縁で、単純に腹の底から爆笑できる 超オススメである) などから、最新の米国内お笑いもの 〔私はまったく無知なのだが……〕 までを見尽くしたのであろう。1日に5本 観るとしても、3ヶ月で450本を超える。


 笑いと共に効果があるのが、感謝の力、および 良くなると信じる力である、とキャシーはいう。彼女は毎日、『癒されたことに感謝します』 と繰り返し繰り返し唱えたのである。そして、「強い信念をもって、癌はすでに癒された、と心の中で本当に信じ」 た……。


 2人の例は 言わば非常事態であるから、「不治」 の病だと宣告されていない人   幸い、私もその一人であるが   の場合は どうか? つまり、3ヶ月間 完全に家に引き篭もって、一日中 DVDを観ていられるような境遇にはない人の場合は、という意味だ。




 お笑いものやバラエティ番組をたくさん見れば、本当に健康と幸せに満ちた毎日が送れるのか?


 あなたも そのようなテレビ番組をよく見るかもしれない。 あるいは、今 とても重大な悩みを抱えていて、テレビなど見る気にもならない、という心境かもしれない。
 どちらであるにせよ、上の質問について よく考えてみてほしい   マスメディアから供給される笑いは、人を本当に幸せにできるか?


 それだけでは不十分だ、というのが私の見解である。なぜかと言うと……
 1時間なり2時間なり、番組を見ているときだけの一時的な陽気さに過ぎないからである。 テレビを消して 室内に静寂が戻ってきたときに (つけっぱなしで寝るという人は別だが)、明日の仕事だとか、うまくいかない人間関係だとか、気がかりな現実が心の中に舞い戻ってくるのではないだろうか……。
 仮にそうでなかったとしても、今の今まで見ながら その中にドップリ浸っていた陽気な情景と、自分自身のリアルな生活との間に、違和感というか、ギャップというか、なんとなく自然な繋がりがないようない感じがしないだろうか……。
 テレビから得られる笑いは、あくまで娯楽であって、あなた自身の体験ではないからなのだ。




 このように記せば 答えは明白であろう。日々の何気ない時間……通勤・通学の途中だとか、打合せや営業のために移動しているときだとか、あるいは、買い物でスーパーやコンビニに入ったときだとか……誰かと一緒におらず 独りで 《世界》 に面と対しているときに、あなたの周囲に笑いを、というかユーモアを見いだすようにすればいいのである。
 ちなみに、本日よりサイドバーナーの上方に 動画セミナー無料視聴サイトへのリンクを貼りつけている リー・ミルティア女史も、日常的ユーモアの大切さをっている。「動画セミナー」 とは 要するに、彼女の講演を収録したものなのだが、その中で紹介されている御本人の実体験は、気の利いたギャグ というか、落語に匹敵するものである。興味があったら ご覧になってみることをお勧めする (無料だから あなたには リスクなし)。


 さて……自分自身と交わす不毛なお喋りをやめて、あなたの周囲に目を向けてみると、世界には面白おかしいことが想像以上にたくさんある、ということに気づくだろう。
 観察者になることだ。
 更には、ふと自分が行なった習慣的行動動作などを、改めて客観的に見つめてみると………


 思わず笑ってしまうことだってあるかもしれない。






 老化も私たちの頭の中にあるものなのです。〔……〕 人は歳をとると老化する、とは枠にはまった考え方です。ですから、あなたの意識の中からそういう思いを消し去ってください。今まで誕生日を何回も体験してきました。その記憶が頭の中に沢山詰め込まれていても、あなたの身体はまだ生後一ヶ月だと想像して下さい。〔……〕 老化を招きたくなければ、ケーキの上に六〇本ものロウソクを立てないようにしましょう。

   P212



『黄金のヴィーナス』


 サイコ・サイバネティクスで云う 「セルフイメージ」 の問題である。
 セルフイメージとは、自分はこうだ、と自分自身で思い描いている固着観念のことだ。それはふつう、子供の頃に親や友達などから言われたり、大人になってから他人に指摘されるなどして、いつの間にか そう信じ込んでしまっている 自己像 なのである。上記、「歳をとると老化する」 も、まさしく これに他ならない。
 引用文では割愛したが、著者ロンダ・バーンは次のようにも書いている   -


 残念なことに、西洋社会では、年齢に関して、固定観念が流布しています


 西洋だけではなくて、日本でもそうだ。 つまり、いわゆる文明社会では、ということなのである。誕生日 〔正確には、誕生記念日というべきだろう〕 を祝うという習慣は、もちろん 戦後からのものだが、それ以前でも、人の年齢を満ではなく 数えで計っていたわけだ。つまり、元旦が全国民の “誕生日” だったのである (この全体主義的国民性が私は大嫌いなのであるが、まあ、そんなことはどうでもいい)……。
 話を戻すと、ネイティヴな人たちには誕生記念日などない。そんなものを祝う習慣はないのだ。
 アマゾン川流域奥地に暮らすヤノマミ族の村にさえ、日用品としてのパンツが入り込んでいるくらいだから (そのことをテレビで見たのは15年ほど前のことだ)、今現在、本当の意味での ネイティヴ・ピープルというのは極めて稀なのかもしれない。 だが、少なくとも一昔前までの彼らは、基本的に時計を持たない生活をしていたし、日にちを数えることもなかった。
 だからといって、自分の年齢を知らない、というわけではない。それぞれの年は部族にとって重要な出来事と結びつけて記憶されているから、それらを一つ一つ数え下ってくれば、いま自分が何歳なのかは判る。
 ただ、それをふだん 意識上に置いていない、ということなのだ。


 なんの努力をしなくても 自然と歳をとっていく。 ならば、どうしてそれを祝うのか?
 祝うならば、祝うに価する日を祝うべきだろう。


 ネイティヴな人たちは きっと、このように言うに違いない。むかし読んだ 『ミュータント・メッセージ』 の中の一節である。




 ついでに サイコ・サイバネティクス 〔ギリシャ語で 「心の舵取り」 の意〕 について触れておくと、ちょうど半世紀前に世に紹介された先駆的な実践理論体系で、人間は目標追求型の動物である、という事実に基き、毎日を前向きに生きていくテクニックを わかりやすく説いた優れものである。私自身、CD教材に取り組み始めてから半年近くが経過しており、その効用は身をもって体験済みだ。
 とはいえ、興味のある方は まず、創始者のマックスウェル・モルツ博士 〔形成外科医〕 自身が書いた原典 〔邦訳 『自分を動かす  あなたを成功型人間に変える』〕 を一読してみることをお勧めする。 非常に解りやすく読める良書 〔ペーパーバック 232ページ〕 である。




次章の記事を読む



掲載画像について



    2010. 04. 23 休




下半身ダイエットに挑戦したい方へ ●レッグマジック エクササイズが長続きする
真の秘密





. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mousoutaha2.blog105.fc2.com/tb.php/129-ad895097

 | HOME | 

   

人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

応援クリックお願いします。

OFFICIAL サイトへ

過去記事更新記録へ

Appendix

Minr Kamti / 亀谷 稔

Minr Kamti / 亀谷 稔

1961年生まれ。
武蔵野美大卒。
建築プレゼンテーション・調理・知的障害者たちの陶芸制作活動補助、といった職を経た後に、2006年7月より創作活動に専念している微細画家 。2007年1月、銀座 - あかね画廊にて初個展。
今現在('08年4月)の描法は、かつて伐採予定地などで行なっていた舞踏を応用した自動筆記法である。
   著書 『全一の展開
         末端の必然』

             奥付より

* オフィシャルサイトにて本の内容をご紹介しております。購入のご決断をされる前に ぜひこちらをどうぞ……。

Calendar

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Categories

Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。