『誇大妄想展開領域』 黒のカラーケントに メタリック系ボールペン

誇大妄想展開領域

Wild Fancies, but………

Funny and Intellectual

スポンサーサイト

原画販売
オンラインサービス






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





「ザ・シークレット」 の秘密を        習慣にする秘訣 9 (2)

原画販売
オンラインサービス






 “The Secret”


<あなたの秘密> “極楽業火” クリックすると原寸大画像 (部分) を表示




〔……〕 あなたはエネルギーであり、それは創り出すことも破壊することも出来ないもの。エネルギーはただ形を変えるだけなのです。そして、それはあなたのことなのです! あなたの本質です。純粋なエネルギーであるあなたは、これまでもずっと存在し、これからもずっと存在します。存在しなくなることはありません。
〔……〕 あなたは永遠のエネルギーなのです。

   P255



 ついに 「永遠のエネルギー」 に言及する著者の意識状態は、ほとんど至高体験の域に達しているかのようだ。
 第9章 第2パートを論じるにあたって、私は自分自身を、無理やりにでも高揚させる必要性を痛感している……。


 今回の仕事はたぶん 生易しいものではないだろう。






9-1





“The Secret” の秘密を
習慣にする秘訣 chapter9 (2)






 「あなたは永遠のエネルギーなのです」




 このフレーズを私は、これまでに何度となく聞かされてきたような気がする。単に、今生 いくたの書物で目にしてきた、というだけではなく、もっともっと以前から……そう、今日この時代に生まれてくる以前の 遠い過去から、繰り返し繰り返し そのように言い聞かされ続けてきたような気がするのだ。
 だが、そのたびに私は   -


 そんなこと言われても、実感することはできないぞ。


 と、内心で反論し続けてきたように感じるのである。




 「輪廻転生」 を鵜呑みにしているわけではない。
 この思想もまた 一つの捉え方であるに過ぎない、と思っている。 私見を言っておくならば、個性上のシンクロにおける親近性の問題である、ということだ。
 つまり、心根の部分が似通った者どうしの 時空を超えた記憶共有現象、とでも表現できるもの……。




 だが しかし、それもまた 「一つの捉え方であるに過ぎない」。
 私にとっては、そのように考えることで 当面は安心していられる、というだけのことなのである。




 本題に戻ろう……。
 「永遠のエネルギー」 という問題について、だ。


 では、「永遠」 とはなんだろうか?
 この言葉が意味するものも、捉えどころのない難しい概念である。
 永遠………。


 決して終わることなく持続する時間
 途轍もなく永い、不滅の時間
 起こりうる全ての事象をに含んだ時間
 全ての可能性が実現する時間
 ……ということは、


 全て……。




 私たち 個々の存在者は、言うまでもなく、《全て》 ではあり得ない
 もとより 物理的に存在していること自体が、他者との分離を前提としているからである。
 だから、当然、個体存在としての死滅を迎える運命にある。そうでなければ、変化も展開も生じ得ないからだ。
 私たちは みな死滅する
 そして、その 無常 こそが実態であり、鉄則なのである。




 それ故に、永遠をつかむことは、普通 できない




 「永遠のエネルギー」 としての自分自身を感じるためには、現代という (永遠と比べれば) 微小な期間だけ実在している己を離れ、全ての時間に渡る主観性を知覚する直感的想像力を持たなければなるまい。
 「全ての時間に渡る主観性」 とは……


 神が持っているであろう主観意識だ!




 これを実感することを……真の悟りと云うのである。






 あなたは肉体に宿っているです。肉体の中のです。「あなた」 として表現されている永遠の命です。あなたは宇宙的な存在です。あなたは全ての力です。あなたは全ての知恵です。あなたは全ての知性です。あなたは完璧です。あなたは壮大です。あなたは創造主です。そして、この地球上で、あなた自身を創造しているのです。

   P262





    2010. 05. 30 続




あまりにも難解だ、と感じた方へ ●《引き寄せの法則》…その最大の落し穴





. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mousoutaha2.blog105.fc2.com/tb.php/133-dc449902

 | HOME | 

   

人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

応援クリックお願いします。

OFFICIAL サイトへ

過去記事更新記録へ

Appendix

Minr Kamti / 亀谷 稔

Minr Kamti / 亀谷 稔

1961年生まれ。
武蔵野美大卒。
建築プレゼンテーション・調理・知的障害者たちの陶芸制作活動補助、といった職を経た後に、2006年7月より創作活動に専念している微細画家 。2007年1月、銀座 - あかね画廊にて初個展。
今現在('08年4月)の描法は、かつて伐採予定地などで行なっていた舞踏を応用した自動筆記法である。
   著書 『全一の展開
         末端の必然』

             奥付より

* オフィシャルサイトにて本の内容をご紹介しております。購入のご決断をされる前に ぜひこちらをどうぞ……。

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。