『誇大妄想展開領域』 黒のカラーケントに メタリック系ボールペン

誇大妄想展開領域

Wild Fancies, but………

Funny and Intellectual

スポンサーサイト

原画販売
オンラインサービス






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





「ザ・シークレット」 の秘密を        習慣にする秘訣 9 (3)

原画販売
オンラインサービス






 “The Secret”


<あなたの秘密>

 ただ、ここで問題なのは、最高の愛の波動を放射するためには、自分自身を愛さなければならないということです。自分を愛することは、多くの人にとって難しいかもしれません。もし、今、外に見えているものに焦点を合わせ、よく見てみると、うまくいっていないかもしれません。というのは、あなたが今、自分をどう見、どう感じているかは、今までのあなたの思考の結果だからです。

   P275~276



 「愛の波動!


 私にとって最も苦手な言葉が遂に出てきた、という感じだ。
 「愛」 と 「波動」……そのどちらも、である。

 その理由については、くどくどと語るまい……。
 いわゆる 「スピリチュアル系」 が好んで使う これらの言葉に、ほとんど生理的とさえいえるほどの違和感を覚える、とだけ述べておこう。


『銀緑のヘリオス』
『銀緑のヘリオス』


 ……で、それを放射するためには、自分自身を愛する必要がある、ということだ。


 なぜなのか……?





9-19-2





“The Secret” の秘密を
習慣にする秘訣 chapter9 (3)






 自己愛は、自惚れとは違うし、むろん 自己陶酔とも異なるものである。


 自惚れは、己の欠点から目を背けた優越感であり、自己陶酔は、“美しく歪められた” 自我像への惑溺である。
 どちらも、長短あわせ持った自己という全体像を排して成り立つ、きわめて恣意的な嗜好心理なのだ。




 は、欠点をも含めて 全てを受け入れる。
 批判をせず、変えさせようともせずに、あるがままを受け入れる……。


 「愛する」は、「好き」 とはまるで違う。
 嫌いな部分をも含めて、受け入れるからだ。


 それ故に、自分を愛することは難しい……。




 他者=外界は、自分=内面の鏡である。
 自分を愛せるようになったとき、世界はその人に微笑みかける
 在り方そのものは変わらなくても、受け取り方・感じ方が変われば、見え方も一変する。


 結局のところ、与えたものが返ってくるのである。




 だから 自己愛は、万物からの愛を引き寄せる




 自己は、自我ではなく、心すべてを網羅したものだから、善・悪という価値観を超越している。
 自己を受け入れる者は、自我意識の抱く ちっぽけな価値観を吹き飛ばし、世界と和解することになる。


 おそらくそれが、あらゆる個人の最高到達点なのだろう。






 記事タイトルで 「習慣にする秘訣」 と謳っている以上、自分自身を愛するための心構えをいくつか 最後に記しておこう   -


1. 自分を他人と比較しない
2. こうなるべくしてなっているのだ、と開き直る
3. 変えられる部分と変えられない部分があるということを認識する
4. それでも 絶えず変化していることを自覚する
5. そんな自分自身を、放任して、見るようにする




 冒頭に引用した文章には、そのあと 次のような言葉が続き、パラグラフが結ばれている。




〔……〕 もし、あなたが自分を愛していなかったなら、あなたが今見ている人は、あなたと同じような欠点だらけの人になるでしょう。

   P276





    2010. 05. 31 休




ちょっとした勇気づけ ●ルシファーより感謝をこめて





. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mousoutaha2.blog105.fc2.com/tb.php/134-01b5dbf6

 | HOME | 

   

人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

応援クリックお願いします。

OFFICIAL サイトへ

過去記事更新記録へ

Appendix

Minr Kamti / 亀谷 稔

Minr Kamti / 亀谷 稔

1961年生まれ。
武蔵野美大卒。
建築プレゼンテーション・調理・知的障害者たちの陶芸制作活動補助、といった職を経た後に、2006年7月より創作活動に専念している微細画家 。2007年1月、銀座 - あかね画廊にて初個展。
今現在('08年4月)の描法は、かつて伐採予定地などで行なっていた舞踏を応用した自動筆記法である。
   著書 『全一の展開
         末端の必然』

             奥付より

* オフィシャルサイトにて本の内容をご紹介しております。購入のご決断をされる前に ぜひこちらをどうぞ……。

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。