『誇大妄想展開領域』 黒のカラーケントに メタリック系ボールペン

誇大妄想展開領域

Wild Fancies, but………

Funny and Intellectual

スポンサーサイト

原画販売
オンラインサービス






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





昼下がりの見回り 〔田舎編〕

原画販売
オンラインサービス








『Panthera pardus orientalis in 2009』

 ふと我に返った。
 一瞬前までどこで何をしていたのか思い出せない


 だが、そんなことはどうでもいい。
 おれは、今、ここにいる。
 この場所には見覚えがあるし、身体に触れる感触もなじみのもの……。


 もちろん、いつも見回りの途中で昼のねぐらにしている茂みの中だ。
 隣の茂みの影はさっきよりも長いが、空気はまだ辛うじて暖かい。


 とはいえ、明るい時間がだいぶ短くなってきたようだ。……なんとなくそんな気がする。
 あまりよく覚えてないが、以前はこの茂みにもっと長くいられた……。そう……たしかに、ここから出ていって見回りの続きをやることを全身が嫌がっていたものだった。重たい暑さが背中をたたき、ねばりつく空気が全ての脚に絡みついてくる……そんな暖域に出て行くことが 嫌だった。


 いまは違う。
 体が自然に動きだし、温みを求めて前進すると、いつもどおりの伸びをした。
 背中が腹側に大きく曲がり、両方の前脚が大地に接する。両手に最大級の活力がみなぎり、爪が前にとび出してくる
 なかなかいい。




 見回りの再開だ。
 空気の匂いをかぐ。
 どこかでまた二本脚たちが何かを燃やしている。かれらはなぜか燃やすことが大好きだ。
 べつに悪いことではない……食べものを燃やすのなら……。ヌルヌルカタマリを焼いた匂いはたまらない。遠くからでもふらふらと惹きつけられる。上首尾に体が動いて、うまくありつけたときは……至福だ。毛が喉に引っかからないのもいい。


 だが、かれらは何でもかんでも燃やす。吐き気を催させるような匂いをまき散らすことだってある……。


 だが、そんなことは、今どうでもいい。
 この匂いは食べものじゃない。……生えものだ。
 調べにいくには及ばない。




 いつもどおりのステップ踏んでいく。
 茂みの列を抜け出した。遠目の利く縦帯だ。その片側は、整然と生えものが植えられた広場……。もちろん二本脚たちのやった仕事だ。ときどき採って棲みかに運んでいくのを見かける。かれらはしょっちゅうそれを食べているらしい。
 おれたちだって生えものを口にしないわけじゃない。でもそれは、腹の流れを整えるための非常食だ。食べるのは具合のしくないときだけ……。
 二本脚たちはいつも腹の調子が悪いらしい。あの大きな体をたった二本の脚で支えていかなけりゃならないのだから、無理もないことだろう。


 ある巨大な棲みかの脇……いつもの場所に一匹の顔長が寝ている。あの種族はみな囚われものだ。決まって首輪をはめられていて、それが頑丈なヒモで繋がれている。昼も夜もそんな窮状だ。それなのに、あいつらはあまり不服そうじゃない。棲みかの二本脚が外に出てくると全身で喜ぶ。大声でわめきながら駆けずり回るやつもいる。
 今こちらに気づき、興味なさげにまた丸くなったあいつは、まだしもおとなしいほうだ。


 たいていの顔長はおれたちを嫌っている。勝手きままにどこへでも出向いていける、我が種族を憎んでいる……。ちょっと目を細めると、そのくすぶった情念が揺らめいているのが見える。まるで 群れをなした微細な羽虫みたいだ。
 なかには、その羽虫の群れが辺り一帯に広がって、最寄りの棲みか全体をっている、なんてやつもいる。そのての顔長はきわめて危険だ。おれは間違ってもそういうやつには近づかない。
 そこの棲みかの二本脚たちは、まったく同じ色合いの羽虫の群れをそれぞれの身にまとっている……。




 だが、そんなことは、今 どうでもいい。
 所定の場所で仰向けに転がる。
 片方の大地からもう一方の大地まで、決まった回数だけ全身を半回しにする。
 背中に憑いていたものが落ち、かわりに浮力が充填される。
 起き上がって背を丸めると、ふんわりと毛が逆立った


 林の反対側の端に一匹の同類がいる。上半分が暗色で下半分が明色の、まるでヌルヌルみたいなやつだ。
 やや近いところにもう一匹あらわれた。少し前から感じとっていたとおり、やはり三色毛の美形だった。不思議な気分になる……。
 体ごと憶えているわけではないが……いつだったか、おれは、耳先から尻尾まで熱くなって、あの美形のあとを追いかけ回したことが……ある……ような気がするのだ。
 今のおれにはふさわしくない狂態だが、誰かがそうやっている情景がぼんやりと視野に重なってくる……。
 おれ自身を見ることはできないから、それは他の荒手の姿が内眼に焼き付いたものだろう。ほかの同類が以前そうやったことが確かなのだったら、おれ自身そうやったことがあったとしても、まったく不思議ではない……。




 だが、そんなことは、どうでもいい。
 荒手だろうと美形だろうと、同類であることに変わりはない。
 同類とはできるだけ関わり合わないほうがいい。面倒なことは、ごめんだ。
 三色毛を視界から消すために、体は脇の方へと移動していった。ちょうど心地よい幅の崖に挟まれた、浅くて細長い縦帯だ。この時季、みずは流れていない
 内眼を前方へ向けて、誰かと鉢合せしないことを確認する……。だいじょうぶだ。おれが向こう側に抜けるまでは、誰もここには入ってこない……。


 おれはしっかりと身を沈ませると、緩慢な足どりで前進していった………。




    2008. 10. 18 了




野生動物を愛する方へ ●ANIMAL PLANET へようこそ





. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

   

人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

応援クリックお願いします。

OFFICIAL サイトへ

過去記事更新記録へ

Appendix

Minr Kamti / 亀谷 稔

Minr Kamti / 亀谷 稔

1961年生まれ。
武蔵野美大卒。
建築プレゼンテーション・調理・知的障害者たちの陶芸制作活動補助、といった職を経た後に、2006年7月より創作活動に専念している微細画家 。2007年1月、銀座 - あかね画廊にて初個展。
今現在('08年4月)の描法は、かつて伐採予定地などで行なっていた舞踏を応用した自動筆記法である。
   著書 『全一の展開
         末端の必然』

             奥付より

* オフィシャルサイトにて本の内容をご紹介しております。購入のご決断をされる前に ぜひこちらをどうぞ……。

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。