『誇大妄想展開領域』 黒のカラーケントに メタリック系ボールペン

誇大妄想展開領域

Wild Fancies, but………

Funny and Intellectual

スポンサーサイト

原画販売
オンラインサービス






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





天界の生き物たち

原画販売
オンラインサービス








『 B L I S S  :  至 覆 ( し ふ く ) 』

 半睡から醒めると知覚映像から色が消えた


 危ない、危ない……。わたしの悪い癖だ。
 左側の眠りの際には偽像に惑わされないように、っていつも母さんに言われてる。それなのに、めくるめく彩色映像の踊りがおもしろくて、ついついそちらに気を取られてしまう。 みんなと一緒に泳いでいるからいいようなものの、危険であることには違いない。


 仲間が南下し始めてから3日め……。最上層はいでいる。遠くまで見はるかせられるかわり、視界にはまるで色彩変化がない音見で周囲をとらえているからだ。
 つまり、今はだということ……。


 息を継ぐときだけは、起きているほうの目を使う。べつにそうする必要はないのだけれど、天界へ跳ね上がるたびに たくさんの光り物が筋を曳いて後ろに流れるのが綺麗だから、わたしはいつだってそうしてる……。
 ほとんど真上に移り物がある。明日の晩にはまん丸になっているだろう。
 旅に出たときよりもだいぶ北に傾いてきた




 ツキが少しずつ形を変えるのは、光を食べたり吸い取られたりしてるからだ、って父さんから聞いたことがある。クウチュウを駆けながら大物と争ってるんだ、って……。
 父さんは仲間の先導子なのでいろんなことを知っている。ツキの形やホシの位置で方角を知るのも、南下 ・北上の時季を決めるのも、みんな父さんの役目だ。リィダァは物知りでなきゃ務まらない。年とった育成子に先導されるムレもあるらしいけれど、大きくなってもこのわたしにはとても無理だと思う。おまえはネムリが深すぎるってよく言われる。


 ほらほら、いまだって、また……。
 ついさっきめ見たツキが、絶えず色を変えながらゆらゆらとわたしのそばを泳いでる。赤、緑、青、黄色……。恐れを知らない八頭のように、少し距離を置いてわたしを調べてるみたいだ……。色が変わるたびに体についた模様もつぎつぎ動く。棘玉巻物泳ぎ平……馴染みの生き物が順々に現われる。
 周りにはたくさんのホシたち……。それがみんな小さな舞子のように群れをなして舞い泳ぐ。なぜかツキの偽像ほどには多彩じゃなくて、淡い金色銀色ばかり……。でも、少し塊ったものどうしでいっせいに色を変えるから、まるで光の幕がひらひら流れていくように見える……。思わずうっとりするほどの光景だ。




 ツキとホシ……天界の生き物たち。今は一緒に泳いでいるけれど、本当はここにいないことくらいわたしだってもちろん知ってる。これは右目に重なって映っているわたしだけのイメェジだ。隣を泳いでる弟やその先を行く母さんには見えてないし、ほかの仲間たちの目にも映ってはいないはず……。きっと、みんなそれぞれのイメェジを身の回りにっているのだろう。


 つかず離れず、でも勝手気ままに泳ぎ回っていた移り物の軌跡が、だんだん整った形をなしてきた。わたしを中心にした輪を描くようにゆっくりと動いていく。距離はおとなの体 3個分くらい……。あいかわらず色を移ろわせているけれど、体の模様はもう変わらなくなった。見たことのない樹木のような細かい筋と点の集まりが、左右均等じゃない複雑な図像を形作っている……。
 目も口もついていないけれど、それがツキの顔なんだ、ってわたしには解った。まん丸の顔を絶えずこちらに向けながら、その天界の舞子はわたしを巡る……巡っていく……。


 ツキが細かい舞子の群れを放ち出した。動いていく軌道の後ろを自分と同じ色の光で染めていく。顔の色が変化すると、光の帯もその色に変わる。2色の境目のところは綺麗な移行帯になっている。こんな光景みたことない……。
 ヒカリの粒をたくさん吐き出したからだろう、ツキの顔がちょっとずつ欠けてきた。進んでいく方向からだんだんしぼんでくるように、まん丸だったその顔が片端から形を失っていく。いびつな丸からやがて半円になった。それでも顔に描かれた模様が縮むことはない。まるで平舞が頭の先から下の景色に溶け込んでいくような消え方だ。


 顔はだんだんと細くなっていって、欠け始めたところからちょうど半周くると、まったく消えてなくなってしまった。 でも、それは一瞬のこと……。こんどは反対側の円弧が細く現われて、しだい次第に太くなっていく。ずっと同じ速さで動きながら、さっき自分で放った前方の帯を吸い込んでいるみたい……。
 追いつかれたヒカリたちは逃げもせず、すすんでツキの方へ寄っていくと、その顔を少しずつ膨らませていく。さっきとはちょうど逆の成り行きで、吸い込んだ帯の色がそのまま顔色に映される。模様の形はちょっと変わったようだ。大まかな造りは同じように見えるけど、消える前よりも間違いなく細かくなった。




 もう帯と顔の区別がつかなくなってきた。今わたしの周りには、色とりどりの幕で緩やかに区切られた太くて大きな輪っかがある。はじめから周りにいた舞子たちは、その輪を縫うように群舞を演じてる。


 全方位が光に満ちている……。


 そのの向こう側に、一緒に泳いでる仲間たちの姿がうっすらと見える。今夜のイメェジはいつになく鮮やかだ。本当のツキが満ちてきてるからだろう。毎月その頃には決まって右側が元気づく。
 でも、これもやがて消えてしまうことがわたしには解ってる。どんなに深い幻想にも必ず終わりがあるものだ。そう思うそばからだんだん光が薄れてきた。多彩な光輪と舞子たちはその色を失い、ただの明かりに変わっていく。そして、それは薄明かりに……。
 音見の映像が際立ってきた。色味が全くないかわりに、遠くまではっきり知覚することができる。こうしてる間にも何回か息を継ぎに上がったけれど、もう天界の生き物たちはついてきてくれない。こんどは右側が眠る番なのだ。




 天界に見えるものたちは本当にそこに居るんだろうか? だって、跳ね上がったときに音見をやっても、何も見えないもの……。
 天界にある全てはで見ることしかできない。……っていうことは、本当は存在しないか、すっごく遠く離れてるってことだろう……。
 天界にあるときは体が重くなる。なのに どうしてツキやホシたちは落っこちてこないんだろう? やっぱりイメェジのようなものなんだろうか……?
 でも、わたしだけじゃなくて、他のみんなにも同じように見えてるってことは………。


 こんなことを想うのは、左側だけが元気づいてきただ。両側で起きてるときでさえ、わたしはほとんど連想などしない。


 ああ、右側のわたしが眠りに落ちていく……。
 天界の生き物たちが、まるで別れを告げるように、一瞬だけ顕れて、消えた………。




    2008. 11. 04 了




青い月・緑の太陽 ●新月の星物語





. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

   

人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

応援クリックお願いします。

OFFICIAL サイトへ

過去記事更新記録へ

Appendix

Minr Kamti / 亀谷 稔

Minr Kamti / 亀谷 稔

1961年生まれ。
武蔵野美大卒。
建築プレゼンテーション・調理・知的障害者たちの陶芸制作活動補助、といった職を経た後に、2006年7月より創作活動に専念している微細画家 。2007年1月、銀座 - あかね画廊にて初個展。
今現在('08年4月)の描法は、かつて伐採予定地などで行なっていた舞踏を応用した自動筆記法である。
   著書 『全一の展開
         末端の必然』

             奥付より

* オフィシャルサイトにて本の内容をご紹介しております。購入のご決断をされる前に ぜひこちらをどうぞ……。

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。