FC2ブログ
『誇大妄想展開領域』 黒のカラーケントに メタリック系ボールペン

誇大妄想展開領域

Wild Fancies, but………

Funny and Intellectual

スポンサーサイト

原画販売
オンラインサービス






上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





パワースポット 銀座          一ノ二十八番 その弐

原画販売
オンラインサービス






<Baroque 2009> 『Baroque 2009』 38.3m×49.8cm     うわっ、これ やっぱ、凄いですね。 DMでもインパクト強かったから、楽しみにしてたんですが、原画は更に また……。
    ありがとうございます。 これ、けっこう気に入って下さる方、多いんですよね。
    下地はなんですか? この黒が深い奥行を感じさせてますが……。
    単なる黒のカラー・ケントですよ。
    それに、これは……ペンですか?
    ええ。市販の水性ボールペンです、メタリック系の……。
    ボールペン……? そうは見えませんけど……なんていうか、こう……宇宙のどこかに実際ありそうな……人類にまだ発見されていない星雲高感度望遠鏡で捉えたような……とにかく壮大な光景ですね。
    そうですか……。 本当にどうもありがとうございます。自分でも気に入っているからこそ DMに使ったんですけど……人によっては………。
    否定的な反応が……?
    ええ。個展開催の前でしたけどね。
    ……………。
    DMを渡そうとした或る人が 一目見て、 「嫌いだ」 と……。
    へえー。
    でも それを聞いて、逆に嬉しかったですね。 だって、毛嫌いする人がいるということは、ベタボレしてくれる人がどこかに必ず存在するということですから……。 おおー、俺もようやくそこまで描けるようになったか、という手応えを、“創業” 3年半にして 初めて感じました。




*

<Gothic 2009> 『Gothic 2009』 49.8cm×38.3cm     ごめんね。はっきり言わせてもらうけど、これ、色がちゃんと融合してないんだよ。形としては面白いんだから、損をしてる。
    あっ、どうもありがとうございます。……いや、はっきり仰って戴いたほうが、こちらとしても……。 うーん、そうですか……?
    ほら、この隣にあるやつと比べると、もう明らかに見劣りする。……ごめんね。 だけど 本当にそう感じるんだから……。 これも、これも、これも!……この黒地に白のスタイルで押していったほうが、絶対にイイよ。ここまで突き詰めた作品が描けるんだったら、中途半端な色物なんか出さないほうがいい。
    どうも……。まあ そのことは自分でも充分わかっておりまして……私としては出発点にあたる黒地系の作品が、改めて、「あっ、 これイイな。やっぱり これしかないか……」 って、本心から思うんです。……ですから、言わば集大成である今回を経て ようやく、螺旋を描いて元の位置に戻ってきた、という感じなんですよね。
    そうなの? それはとても楽しみだな。……じゃ、期待してるから……。


<Trance 2009> 『Trance 2009』 49.8cm×38.3cm
   これです、最新作は……。搬入前日……というか、当日の未明に完成したという……。
    相変わらず “無駄のない” 仕事ぶりですねぇ。
    裏を返せば、余裕がない っていうことで……。 とはいえ、全然 あせったりはしませんでしたけどね。“納期” に間に合うことは潜在意識がちゃんと解ってるから、自我意識はただ 身体が黙々と仕事してるのをモニターしているだけでいい、といった境地でしたよ。
    おお、そうですか。 それって 正に悟りじゃないですか……?
    いやー、違うでしょう。 だいたい 悟ったと思い込んだ時点で、人はもう それ以じょう前進することを止めてしまいますから……。 泳ぎやめたら溺れ死ぬサメとしての自覚がある俺としては、悟りも癒しも完全に意識の埒外にある、って感じです。
    赤地の作品って初めて観た気がしますけど……。
    いや、ちょうど1年前、ここの企画展に 『Break:展調』っていう作品を出してます。
    そうでしたっけ……観てないのかな?
    その作品は、未発表のまま仕舞い込んでおいたのを手を加えずに出品したんですが、こちらのほうは、描いてはみたものの 完成の域に達していない、という自己評価から、一旦 ボツにしてあったんですね。……それが 今回は かなり時間が押されてたものだから、一から描き始めるのは大変だ、ってんで、試しに描き足してみたんです。 そうしたら、自分でも見蕩れてしまうような……しかも 今後の方向性を指し示す記念碑的な作品に仕上がって……。
    確かに これ、今までに観てきた亀谷さんの微細画の中でも 突出してますね。 絵画として 当然 静止してるわけだけど、画面全体……どころか 額の外にも広がる空間全体にくような流動性が感じられる……。
    あぁ、正にそのとおりで、それこそがこれからの……っていうか、もう既に動き始めてる 新しい画風なんです。……でね、このイメージの元ネタが実はあるんですけど、なんだか解ります?
    えっ? えーと……なんですか?
     『スター・ウォーズ』ドッグ・ファイトです。




    2009. 10. 29 続




私ごときが銀座で個展だなんて
と決めつけている方へ
●サロン 銀座一丁目





. FC2ブログランキングへ 人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

クリック お・ね・が・い    こび 媚 こび いたします。





トラックバック

http://mousoutaha2.blog105.fc2.com/tb.php/70-db127a17

 | HOME | 

   

人 気 ブ ロ グ ラ ン キ ン グ へ

応援クリックお願いします。

OFFICIAL サイトへ

過去記事更新記録へ

Appendix

Minr Kamti / 亀谷 稔

Minr Kamti / 亀谷 稔

1961年生まれ。
武蔵野美大卒。
建築プレゼンテーション・調理・知的障害者たちの陶芸制作活動補助、といった職を経た後に、2006年7月より創作活動に専念している微細画家 。2007年1月、銀座 - あかね画廊にて初個展。
今現在('08年4月)の描法は、かつて伐採予定地などで行なっていた舞踏を応用した自動筆記法である。
   著書 『全一の展開
         末端の必然』

             奥付より

* オフィシャルサイトにて本の内容をご紹介しております。購入のご決断をされる前に ぜひこちらをどうぞ……。

Calendar

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Categories

Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。